人から「マニヤックな奴!」と言われる私のデジカメ履歴を紹介します。お気楽に読んでください。ご意見は是非メッセージボードへご投稿願います。

カメラ本体 レンズ 三脚 バック

バックについて

このページでは、山行きでのバック類を紹介するとしよう。

  右のカメラザックは「Lowepro ローバーAW2」だ。
売りは何と言ってもスリップロックシステムと言って、このバックで言うならば、ハーネスとウエストベルトの両方にレンズケースや小物類など対応したケースを自由に確実に取り付けることが出来る。重量のある三脚もガッチリ(完璧に)装着が可能。
 又、下部にクッション付き素材を使用しており、カメラ本体及びレンズなどを収納するようになっている。上半分は通常のザックと同様に着替え衣類など多数入れる仕組みで、仕切を折り畳む事により、大容量バックパックへと変身も可能。
 勿論、背負い心地も良好。
 更に嬉しい事に、全天候型のオールウェザーカバーが底部に標準装備されている事で、急な雨にさらされた際でもサッと回避することが出来るのだ。
 正に至れり尽くせりのカメラザックだ・・!(結構、高価なのです。)

 

 左のバックは「Loweproトップローダー70AW」だ。
これも上記カメラザック同様に、山行きの際にはカメラを収納して、常に持参している。胸部に専用のハーネスで装着する様になっている。
 上記「ローバーAW2」を背負うと同時に、この「トップローダー70AW」を胸に装着する格好になり、言うならば”おんぶに抱っこ”の形か・・(笑い)
 勿論、Loweproの売りである「スリップロックシステム」でサイドにレンズケースとカメラ小物を多数装着して山行きに望んでいる。
 よく高価なカメラを胸にぶら下げて登っておられる方を見受けるが、カメラが埃に晒されてしまい、場合によっては傷ついてしまう事を考えれば、私には裸でぶら下げる勇気がないのだ。
すなわち小心者と言うことか!(^ ^;)

 

 右のバックは「Loweproステルスリポーター300AW」だ。通常の山行き以外に使用している。
 上記二つのバック同様に「スリップロックシステム」に対応しており、必要に応じてサイドにレンズケースや小物ケースを取り付けている。
 Loweproのwebを参照するところによると、ジャーナリスト向けの商品との事で、様々な手の込んだ箇所がある。例えば、不意の雨の際の緊急時のトップのみを覆う防水カバーや本格的な雨にも対応する完全防水カバーも本体底部に内蔵されている。
 又、上部の蓋を開けずに直接カメラやレンズを取り出すことが出来る工夫など、至れり尽くせりのバックだ。

 

─上記カメラバックをご覧いただいてもお解りだろうが、全て「Lowepro」にこだわっている─
─そこで、以下に上記バックに取り付ける「スリップロックシステム」の小物を紹介することにする─



  左のバックは、 「レゾTLZ20」だ。
これに、D70に「AF MICRO 60mm F2.8」を装着した状態で、ベストだ。
写真では、ショルダーベルトが写っているが、これは取り付けない。
実は、上記 「Lowepro ローバーAW2」のウェストベルトの右側スリップロックシステムに装着する。
こうすることにより、 D70は完璧に 「Lowepro ローバーAW2」と一体になり、移動がはるかに楽になる。

 

 右のレンズケースは、「Loweproレンズケース3」だ。
実は、このレンズケースはレンズを入れるためのものでは無い。上記「Lowepro ローバーAW2」の左側スリップロックシステムに装着して、三脚のページでも記載しているが、 「EL Carmagne433U」 を挿している。こうすることにより、「Lowepro ローバーAW2」の左側は完璧に機能するのだ。

 左のレンズケースは「Loweproレンズケース1S」だ。
このケースを上記「Lowepro ローバーAW2」左側のスリップロックシステム「レンズケース3」の前に装着している。
収納レンズとしては、「AF MICRO NIKKOR 60mm F2.8」「SIGMA SUPER WIDE・AF24mm F2.8」「AF DX Fisheye Nikkor ED 10.5mmF2.8G」「SIGMA AF 90mm F2.8 MACROフード逆向きのみ」が収納可能だ。

 

 右のレンズケースは「Loweproレンズケース1w」だ。
上記の「レンズケース1S」と持参レンズにより入れ替えて使用している。
現在3個所有する。収納レンズは「TAMRON SP AF17-35mmF/2.8-4Di」「AF-S VR Zoom Nikor ED 24〜120mmF3.5〜5.6G(IF)フードは逆向きのみ」になる。これもかなり使い勝手がよいレンズケースだ。

 

 左のバックは、「Loweproフォルムオーガナイザー」だ。
 通常は、「Loweproトップローダー70AW」のスリップロックシステムに装着している。手袋から自由雲台、レンズふき、アングルファインダーなど何でも入ってしまう。内部は三つに仕切りがあり、非常時には、「SIGMA SUPER WIDE・AF24mm F2.8」などの小型レンズまで収納可能だ。
  又、最大の特徴は、小さいながらも下部にレインカバーを装備しており、 とっさの雨にも大事な小物の保護には欠かせない。

 

 右のケースは「Loweproレゾ60」だ。
通常は、上記バック 「Loweproトップローダー70AW」のスリップロックシステムに装着する。いつも、大型ブロワーや小物を入れている。
雨にも強く、何でも入るのでお気に入りだ。

 左の小物ケースは「Loweproレゾ40」だ。
通常は、 「Lowepro ローバーAW2」のショルダーベルトのスリップロックシステムへと装着している。
 前面にポケットがあり、ここにコンパクトフラッシュなどを入れて、後部に 携帯電話を入れている。
 レゾシリーズは、全てクッション性や汚れにも非常に強いので、お勧めのシリーズです。
  なかなか格好も良い。

カメラ本体 レンズ 三脚 バック