このブラウザでは、JavaScriptが実行できないかまたは実行できないように設定されています。
JavaScriptが実行できない場合、サムネイルをクリックして拡大画像/オリジナル画像を表示したり、ポップアップ画像を表示することはできません。
必要であればJavaScriptが実行できるようブラウザの設定を変更してください。
  (マイコンピュータでのみ制限されている場合があります。WindowsXP SP2の場合

熊本県鹿本郡植木町 岩野山クライミング

2009年1月5日(火)同行者:rockさん、馬しゃん


大きな地図で見る

 当日は、大先輩の「rockさんことK氏」のお誘いにより、植木町の岩野山へクライミングへ出かけることにした。昨日も山友の馬しゃんと同じ岩野山へクライミングへ出かけてられている。それほど、クライミングが大好きな「優しいおじさん(*^。^*)」だ。

 AM10:00 合志氏のユーパレス弁天にて待ち合わせ。
そこへ昨日登った馬しゃんが合流して、三人でクライミングをすることに・・!
二人よりも三人。
いつもながら本当に、有り難いことだ。

以前から、今回の岩野山は何度かお誘いがあったが、天候や日にちの都合がつかず、初めて登る事になる。

早速、ユーパレス弁天に車をデポして、rockさんの愛車(日産エクストレイル)に三人が乗り込み出発する。
約、15分ほどで岩野山登山口へ到着する。
立派な鳥居があり、ゴルフ場の際になることもあり場所も解りやすいだろう。

先ずは、この岩壁より

通称ロックタワー

ロックタワー記載の「岩同峰」

 AM10:45分 目的地の岩野山のクライミング場所へ到着する。

正面の左側には入門から初級用の岩壁があり、その右横には、噂のロックタワーがあった。
そのロックタワーの際には「岩同峰」の記載あり・・!

私は当然、左側の岩壁へいざ挑戦!

rockさん

rockさん

rockさん


  先ずは、rockさんが見本を兼ねた登りを教授して貰う。

流石に先生。
還暦を迎えられた方とはとても思えない。
非常にスムーズだ。

鍛錬された体岩に吸い付く感じで、ゆっくり早く登るリズムがある・・!

sanyuさんのHPに記載されていたが、「・・の希望の星」との事。納得(^_^)v




 右の動画(YouTube)は、rockさんの登りです。
いつもながら格好はど派手ですが、非常に鍛えられた細身の体を駆使して、岩に吸い付くような感じで登られます。

登られた後も体の重心移動方法やタイミングなどをきめ細かく、指導していただきます。

馬しゃんの登り 1

馬しゃんの登り 2

馬しゃんの登り 3


 rockさんに続いて、馬しゃんが昨日に続いて登る。

お聞きするところいよると、馬しゃんはこの岩野山が4回目との事。

流石に、慣れがある。

馬しゃんの登り 6

馬しゃんの登り 5

馬しゃんの登り 4


 約12メートルほどの岩壁だが、その中腹あたりに、核心部がある。

やがて、その核心部へ迫る。

馬しゃんの登り 7

馬しゃんの登り 8

馬しゃんの登り 9


 若干、苦労するが難なく核心部をクリヤー。

途中で、少々からだをほぐした後に頂上へ向かう。

馬しゃんの登り 12

馬しゃんの登り 11

馬しゃんの登り 10


 ここまで来れば、深いクラックがあり、足場も多数あるので、安心だ。

トップ近くへ到達

トップにタッチ


 トップのカラビナにタッチして、登りが終了。

ロープに体をあずけて静かに下りてくる。

皆、拍手・・!

少しずつ登り始める

最初の足場

ロープの結び方チェック

 馬しゃんの次は、私の番が回ってきた。
初心者らしく、ロープの最終チェックをrockさんに見てもらい、挑戦開始





  この日のpetboyの一回目のクライミングです。

rockさんの的確な指示と馬しゃんの声援が賑やかです。(笑)

一回目と言うことで、やや焦りがあるのか、少々急ぎすぎの感あり・・!

もっとゆっくりと足場を見てから登ろう(~_~;)

ちょっと難儀!

どこでホールドするのか検討中

何度か失敗した後にクリヤー


 馬しゃん、私の順番で二回ずつ登った後に、今度はちょっと難しいカンテに挑戦した。

 このラインは取り付き始めが大きくハングしており、どこでホールドするのか、かなり迷うが一応クリヤー・・!

再び登りはじめる

ちょっと休憩

核心部を過ぎた所


 核心部を何とかクリヤーした後にラインを探しながら、少しずつトップを目指していく。

 途中で、rockさんが「手の前に足だ・・!」との助言を耳に刻みつつ登りは続く。

少しずつだが様になってきた

必死に上へ上がる

もう少しだ。


 まだまだ、力で登っている感があるが、私なりに登れた感がある。

少々へっぴり腰ぎみかな^_^;

拍手に答える(笑)

成功のポーズ

トップのカラビナにタッチ成功


 トップにタッチ!

しかし、どこをどういう風に抜けたのか、覚えが無く、ここのところも問題か?

未だ、なんどか挑戦しゃなきゃいけないだろう。
rockさん曰く「どこを掴むかは、その人それぞれだ。 」との暖かい助言を頂くも、程遠い感じか(笑)

 PM2:15 本日の行程が終了。
rockさんからは、「春頃には隣のロックタワーを登ろうや・・。」とのお言葉あり。
ロックタワーは、相当なハング部があり、今の私から言わせれば10年早いような気もするが、挑戦だけはさせていただきたいと思う。

 その後、ユーパレス弁天に戻って、汗を流し馬しゃんと分かれる。
帰り際にrockさんに「山の店 シェルパ」へ寄り道して貰い、ハーネスを購入する。
rockさん、最後までお付き合いいただきまして重ね重ねお礼を申します。
どうも、有難う御座いました。
 
■ポップアップ−ON *サムネイルをクリック >> 拡大画像/スライドショー (しない場合はキャプションをクリック)
P1030039 P1030044 P1030045 P1030046
P1030047 P1030048 P1030049 P1030050
P1030051 P1030053 P1030054 P1030055
P1030058 P1030071 P1030074 P1030075
P1030076 P1030077 P1030078 P1030079
P1030080 P1030086 P1030095 P1030096
撮影カメラは、Panasonic LUMIX DMC-LX3
コンパクトカメラなのですが、レンズが超広角24mm広角での開放値F2.0の性能を持っています。
その他、「1010万画素」「自動追尾」「3.0液晶」「トリプル手振れ補正」「暗部補正&逆行自動補正」
など大変多機能なカメラです。