このブラウザでは、JavaScriptが実行できないかまたは実行できないように設定されています。
JavaScriptが実行できない場合、サムネイルをクリックして拡大画像/オリジナル画像を表示したり、ポップアップ画像を表示することはできません。
必要であればJavaScriptが実行できるようブラウザの設定を変更してください。
  (マイコンピュータでのみ制限されている場合があります。WindowsXP SP2の場合

北アルプス 剣岳・立山縦走 1
室堂より剣沢へ

同行者:GENさんsanyuさん、大将さん

2008年8月5日 第1日目
第2日目の様子は、ここです。
第3日目の様子は、今作成中です。

PM9:00頃に福岡出発→AM7:50頃に立山駅到着→AM9:20室堂到着→AM10:00地獄谷→PM12:45別山乗越(剣御前小舎の前にて休憩)→PM1:43剣沢(テント泊)


立山駅
 今回、GENさんのお誘いにより富山県の「剣岳・立山縦走」に挑戦することにした。何せ、初めての北アルプスへの挑戦なので、少々緊張ぎみだが、心強い方たちのお陰で、素晴らしい山行きとなりましたことを、この場にてお礼を申しあげます。

 8月4日(月)PM5:30 大先輩のsanyuさんと一緒に、車で福岡市内のGENさん待ち合わせ場所に向かう。
今回、初めてご一緒させてもらう大将(さんは以下省略)経営の居酒屋にて食事をしてPM9:20頃 大将の愛車にて福岡市内を富山県立山駅へ向けて出発する。
約11時間の長旅だ。
ほとんど、大将とGENさんが車を運転していただき、私とsanyuさんは後部にて就寝させてもらう。
大将ならびにGENさん感謝です。

立山駅内の様子

立山駅からロープウェイに乗車

  翌朝AM7:50 富山県の立山駅に無事に到着。
早速、準備をして立山駅へ向かう。
先ずは、GENさんに室堂までの切符を購入していただき、ケーブルカーへ乗り込む。

大きな地図で見る




立山駅からケーブルカーを経由して、「美女平」より室堂へバスにて向かう。
(右地図および上記リンク先を参照願います。)

今回は、濃い霧で拝めなかったが、室堂への送迎バスでは途中、樹齢300年の立山杉や名滝がめじろおしだ。

ミクリガ池

室堂の様子

 AM9:20 標高2.450mの「室堂」へ到着。
室堂には、沢山の観光客で一杯だ。

眼前に広がる「室堂平(むろどうだいら)」より北方へ広がるミクリガ池の脇を抜けて地獄谷へ下る。

室堂平周辺は、大変鮮やかなお花畑が広がる。


参考資料1:立山へ行こう
参考資料2:http://ja.wikipedia.org/wiki/室堂
参考資料3:周辺地図

立山(雄山)

地獄谷へ降りる

 室堂平のミクリガ池の横を抜けると地獄谷への下りが現れる。
 周辺は、かなりの硫黄ガス匂いが立て込めており、一種独特の雰囲気が立ち込める。

地獄谷

地獄谷

地獄谷

地獄谷

地獄谷

 地獄谷の様子。

雷鳥沢ヒュッテと別山

雷鳥沢ヒュッテと別山

雷鳥沢のテント場

地獄谷を抜けると、一転して所々雪渓がある雷鳥沢が現れる

雷鳥沢ヒュッテ

ミヤマダイコンソウ

雷鳥沢の雪渓

雷鳥沢のテント場


 雷鳥沢ヒュッテの脇を抜けると、沢山の色鮮やかなテントが広がるテント場が広がる。

 周辺にも「ミヤコダイコンソウ」などの山野草」が咲き誇り、大変綺麗だ。

雷鳥沢の木道

別山尾根

別山尾根からの雷鳥沢


  雷鳥沢テント場の北側の木道を抜けると、正面に別山が聳えており、いよいよ急坂が待っている。

 今回は、テント泊まりなので、テント一式が詰まった重荷が大変辛く、スローペースにて少しずつ高度を上げていく。

 実は、今回の重荷に備えたボッカ訓練を全くしていなかったせいか、両肩と腰・背中が大変痛く、後悔しきり・・!
おまけに、高度障害?か、頭が「ズキン、ズキン・・・。」と割れんばかりの頭痛がする。
2時間超を掛けて、やっと別山尾根の急坂を登りきり、「剣御前小舎」へ辛うじて到着。ホッとする(~_~;)

別山尾根

別山尾根

別山尾根からの雷鳥沢

剣御前小舎

剣沢へ向かう

剣沢へのルート
 「剣御前小舎」での様子。
暫く休憩して、ミネラルウォーターを購入(500ml 400円)し剣沢へ下る。

剣沢の雪渓

剣沢の雪渓

剣沢の雪渓

 今回のテント設営場所の「剣沢」へ向かう途中、雪渓をいくつか渡る。
 8月の平地とは考えられない雪渓に感激。

剣沢の雪渓

剣沢のキャンプ場

剣岳方面
 PM1:43 無事に剣沢のテント場へ到着する。
頭痛薬をsanyuさんより譲って貰い、早めに休む事にする。
 テント内にて休んでいると、隣の「某大学山岳部」の連中が大声で馬鹿話にて騒ぎまくるが、それでもいつの間にか眠ってしまう。
PM8:00ごろ真っ暗の中、ヘッドランプにて僅かな明かりを照らし、バーナーでお湯を沸かす。
持参したアフファー米(赤飯)にお湯を入れて食べる。なんと不味い事か(笑)
簡単に明日の準備をして、再び休む事にした。

AM2:00ごろ、再び証拠にも無く、隣のテントの「某大学山岳部」が騒ぎ出す。
聞いていると、「屁をこいだ。」だの、聞くに堪えないくだらない話ばかり。
しまいにはGENさんが「静かにせんか・・(ー_ー)!!」とのお叱りの言葉を張り上げるが、何のことは無い。
私も未だ、頭痛が残っており、そのうちに寝てしまう。
 
■ポップアップ−ON *サムネイルをクリック >> 拡大画像/スライドショー (しない場合はキャプションをクリック)
DSC_2471
DSC_2471
DSC_2475
DSC_2475
DSC_2476
DSC_2476
DSC_2477
DSC_2477
DSC_2479
DSC_2479
DSC_2482
DSC_2482
DSC_2500
DSC_2500
DSC_2504
DSC_2504
DSC_2508
DSC_2508
DSC_2512
DSC_2512
DSC_2518
DSC_2518
DSC_2519
DSC_2519
DSC_2539
DSC_2539
DSC_2551
DSC_2551
DSC_2557
DSC_2557
DSC_2559
DSC_2559
DSC_2563
DSC_2563
DSC_2565
DSC_2565
DSC_2566
DSC_2566
DSC_2576
DSC_2576
DSC_2579
DSC_2579
DSC_2580
DSC_2580
DSC_2581
DSC_2581
DSC_2589
DSC_2589
DSC_2591
DSC_2591
DSC_2594
DSC_2594
DSC_2596
DSC_2596
DSC_2603
DSC_2603
DSC_2604
DSC_2604
DSC_2609
DSC_2609
DSC_2612
DSC_2612
DSC_2615
DSC_2615
DSC_2616
DSC_2616
DSC_2622
DSC_2622
DSC_2625
DSC_2625
DSC_2702
DSC_2702
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
使用カメラは、NIKON D100
RAWで保存し、Nikon CaptureNX 4にて画像処理しています。
使用レンズに関しては、以下を使用
「SIGMA 24mm F1.8 DG ASPHERICAL MACRO」
「AF DX Fisheye Nikkor ED 10.5mmF2.8G」
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/