このブラウザでは、JavaScriptが実行できないかまたは実行できないように設定されています。
JavaScriptが実行できない場合、サムネイルをクリックして拡大画像/オリジナル画像を表示したり、ポップアップ画像を表示することはできません。
必要であればJavaScriptが実行できるようブラウザの設定を変更してください。
  (マイコンピュータでのみ制限されている場合があります。WindowsXP SP2の場合

北アルプス 新穂高温泉より槍平小屋まで

2009年8月2日(日) 初日
同行者:GENさんsanyuさんいーさん、大将、putalyさん馬しゃん (私を含めて、総勢7名)

PM8:00熊本出発→PM9:30福岡さつま→10人乗りレンタル車にて高速道路走行→AM10:22新穂高温泉無料駐車スペース出発→AM10:30新穂高バスターミナル→AM11:56穂高平小屋(休憩)→PM1:34白出沢→PM3:46藤木レリーフ前→PM4:50槍平小屋到着(宿泊)


ルートマップ
  昨年に引き続き、真夏の北アルプス登山の季節到来・・!
数ヶ月前から仲間と一緒に北アルプスの槍ヶ岳登山を計画して、やっと、この日が訪れた。
私にとっては、初めての槍ヶ岳であり、先ずはルートおよび日程を計画していただいたGENさんに感謝・・!

 私が10人乗りのレンタカーを借り、熊本組のsanyuさんと馬しゃんを乗せて、福岡の「料理屋 さつま(大将の店)」へ行き、GENさん、大将、putalyさん、いーさんらと合流する。
当日は、高速料金休日1.000円なので格安だ。^_^;

「さつま」で大将から、海の幸満載の料理をご馳走になり、いざ出発する。

 登山口の新穂高温泉まで、私とGENさん、大将の三人で交互に運転を繰り返す。
福岡から、約12時間の長丁場だ。

登山口の駐車スペース

  途中の、神戸周辺では、物凄い豪雨で高速道路運転中に前が見えず、パーキングエリアにて避難するアクシデントが発生するも、無事に登山口に到着する。

 駐車場所は、新穂高バスターミナル手前、「深山荘バス停」から入った所の無料駐車スペースだ。
 AM10:22 準備を整えて登山口を歩き出す。
周辺の山々は、全てガスが掛かっており、今にも雨が降り出しそうな気配・・!

バスターミナル前のトイレ場

バスターミナル前
 歩き出して、10分ほどのところのバスターミナル(新穂高ロープウェイ切符売り場)へ到着すると、いきなり雨が降り出す。

 そこは、強健な仲間!
全員、ゴアテックスのレインスーツを着込んで宿泊予定の「槍平小屋」へ向けて歩き出す。

右俣谷の様子

林道入口

右俣谷の様子

  バスターミナルを過ぎると、直ぐに長い長い林道が待ち構える。

 AM11:56 最初の休憩箇所にあたる「穂高平小屋」に到着。
小屋前には、展望を兼ねた椅子とテーブルが並べられており、小屋主の方も他の山小屋の方に比べると愛想も良く、感触良好・・!

それぞれに、コーヒーなどを注文。
私は、山水で冷えたトマトを戴く。
上手い(*^。^*)

タマガワホトトギス

林道の様子

奥穂高ルート分岐

 延々と林道が続く、この時点で、既に2時間以上、延々と林道を歩いていることになる。

林道の脇には、様々な山野草で溢れる。

目立つのは、「タマガワホトトギス」かな・・!

特に、所々にある湧水の脇には、多数咲いていた。

皆、こぞってデジタルカメラにて撮影を繰り返す。

これより、本格的山道

白出沢


 最初の河原 白出沢に到着。

ここは、大変広い河原で、見えないが、最上部に飛騨乗越(ひだのっこし)に続いているはずだ。

石でごろごろしている、白出沢を渡ると本格的な山道に入っていく。

山道(登山道)は、緑豊かで非常に美しいが、生憎の小雨模様によりレインスーツにより、汗だくだ。
したがって、着たり脱いだりで、かなりの疲労感に襲われる。

滝谷出合の木橋を渡る

河原を渡る

藤木九三のレリーフ

 やがて、滝谷出合の木橋に遭遇する。

若干、水量は多いものの周辺はそよ風とともに、清々しく、暫く休憩をしていると、NHKの撮影隊に遭遇。

聞くところによると、明後日からの槍ヶ岳生中継に備える録画をしているとの事。

重いハイビジョンカメラを肩に抱えながら、大変だろう・・!

途中に、「藤木九三」のレリーフ」が大岩にはめ込まれていた。

深夜の月

槍平小屋受付前

槍平小屋正面

 最初の計画としては、槍平キャンプ場にて其々テント泊を楽しむ予定だったが、雨による天候不順により、急遽、槍平小屋宿泊を決定する。

 私と大将が宿泊確保などの先兵として、二人先を急ぐ!

PM4:50 槍平小屋に到着。
受付前は、宿泊客で大変な混雑だ。
山小屋の性質上、宿泊させないという事はありえないにしても、可能との事で安堵する。

相変わらず、小雨が降り続いているが、大将は、一人テント泊をする。(山小屋では寝にくいらしい。)
大将を除いた仲間6人は、それぞれ素泊まり料金5.500円を支払って案内される。
案内された場所は、4人用の二段ベッドに下段(4人分)が確保された。
かなり、寝るのには苦しいがGENさん曰く「これならマシなほう・・!」らしい。
なかなか寝れないが、談話室に行ったり戻ったりして時間を潰しながら、僅かではあるが寝れたかな?

翌日、8月3日(月)第2日目の様子は、ここよりご覧願いたい・・!
■ポップアップ−ON *サムネイルをクリック >> 拡大画像/スライドショー (しない場合はキャプションをクリック)
P1050552
P1050552
P1050554
P1050554
P1050555
P1050555
P1050557
P1050557
P1050559
P1050559
P1050560
P1050560
P1050561
P1050561
P1050562
P1050562
P1050563
P1050563
P1050564
P1050564
P1050565
P1050565
P1050567
P1050567
P1050568
P1050568
P1050570
P1050570
P1050573
P1050573
P1050574
P1050574
P1050575
P1050575
P1050578
P1050578
P1050579
P1050579
P1050580
P1050580
P1050582
P1050582
P1050583
P1050583
P1050585
P1050585
P1050586
P1050586
P1050587
P1050587
P1050588
P1050588
P1050589
P1050589
P1050590
P1050590
P1050591
P1050591
P1050592
P1050592
P1050593
P1050593
P1050595
P1050595
P1050596
P1050596
P1050597
P1050597
P1050598
P1050598
P1050599
P1050599
P1050600
P1050600
P1050601
P1050601
P1050602
P1050602
P1050604
P1050604
P1050605
P1050605
P1050607
P1050607
P1050609
P1050609
P1050610
P1050610
P1050611
P1050611
P1050613
P1050613
P1050615
P1050615
P1050617
P1050617
P1050618
P1050618
P1050619
P1050619
P1050620
P1050620
P1050621
P1050621
P1050622
P1050622
P1050626
P1050626
P1050627
P1050627
P1050630
P1050630
P1050631
P1050631
P1050633
P1050633
P1050635
P1050635
P1050641(1)
P1050641(1)
P1050647
P1050647
撮影カメラは、Panasonic LUMIX DMC-LX3を使用しています。

コンパクトカメラなのですが、レンズが超広角24mm広角での開放値F2.0の性能を持っており、「1010万画素」「自動追尾」「3.0液晶」「トリプル手振れ補正」「暗部補正&逆行自動補正」など大変多機能なカメラです。