このブラウザでは、JavaScriptが実行できないかまたは実行できないように設定されています。
JavaScriptが実行できない場合、サムネイルをクリックして拡大画像/オリジナル画像を表示したり、ポップアップ画像を表示することはできません。
必要であればJavaScriptが実行できるようブラウザの設定を変更してください。
  (マイコンピュータでのみ制限されている場合があります。WindowsXP SP2の場合

北アルプス ババ平キャンプ場から上高地(新穂高温泉)まで

2009年8月5日 四日目最終日
同行者:GENさんsanyuさんいーさん、大将、putatyさん馬しゃん(私を含めて、総勢7名)

AM5:02ババ平キャンプ場出発→AM5:33槍沢ロッジ→AM6:31槍見河原→AM7:17横尾山荘(休憩)→AM8:39徳沢ロッジ(休憩)→AM9:47明神館(休憩)→AM10:11明神橋→AM10:15穂高神社→AM11:25河童橋(休憩)→AM11:49バスターミナル→タクシー→PM12:38新穂高温泉登山口駐車スペース


AM5:00集合
 朝、AM3:30起床
未だ、当たりは真っ暗でヘッドライトを照らす。しかも眠い・・(~_~;)

テント内にてバーナーでお湯を沸かして、アフファ米を開封。
アルファ米は、最後に残しておいたカレー味だ。
これが最後の所持食との事で、みそ汁も食べようと封を開けて、入れ物に入れた。
お湯をカレー味のアルファ米に注ぎ封を閉じる。
みそ汁にもお湯を注ごうと思ったが、開封したはずのみそ汁が無い。
どうして?
もしやと思い、カレー味のアルファ米を開くと、何とカレー味の中にみそ汁が・・(~_~;)
しかも、無意識に混ぜている。

しょうがないので、暫く待ってから食べたが、これが何と・・不味い!
吐き気を催すが、これしか無いので無理して食べる(笑)

AM4:00頃には、仲間がテントを撤収しだしており、私も速攻で撤収作業とパッキングに取り掛かる。
AM5:00 GENさんの合図で全員点呼した後に歩き出す。

槍沢ロッジ

槍沢ロッジ

ババ平から約500m先に槍沢ロッジがある。
沢山の方が宿泊しているらしく、共同トイレも大賑わいだ。

ミヤマトリカブト

横尾山荘前

横尾山荘

 更に、2時間ほどなだらかな坂を下ると、横尾山荘がある。

立派な建物で、展望も抜群。

穂高縦走への拠点らしく、直ぐ横のテント場からの眺めも最高。

「昨日、もう少し早めに歩けば、ここまで来れるのに・・!」との後悔の念が襲う。

次回の課題としよう。

徳沢ロッジ

 横尾山荘から更に1時間ちょっとで、徳沢ロッジに到着。

ここまで来ると、登山者以外の観光客も訪れるらしく、外観と内部ともに洒落た雰囲気が漂う。
ここまで来ると、全く急ぐ必要が無いので、皆くつろぐことにした。

明神橋

明神館

 徳沢ロッジからは、更に平坦な道が続き、森林浴を最高に味わえる道のりだ。

整備もされており、様々な山野草を見ることが出来る。

横尾山荘から、約1時間ほどで明神館に到着。

明神館では、山の冷水で冷やした「りんご」が最高に上手い・・・!

明神橋を渡ると、穂高神社の鳥居があり、中は日本の近代登山の黎明期に活躍した「上条嘉門次」が建てたという小屋(土産屋)があり、その前には記念碑もあった。

穂高神社の鳥居

嘉門次小屋

上条嘉門次の碑

上高地ビジターセンター前

明神池周辺の様子


 sanyuさんの案内にて、穂高神社から遊歩道を周回してビジターセンターへ行く事にする。

季節柄、親子連れなどで沢山の人々とすれ違う。

私は、初めて訪れたのだが、流石は、観光地の上高地だ。

長い遊歩道から木道、絵になる池周辺など、どれをとっても素晴らしい風景だと思う。


上高地に土産屋

河童端

putalyさんのビール一気飲み

新穂高温泉登山口到着

バスターミナル内部

 土産屋で買い物をして、バスターミナルに向かう。
10人乗りのタクシーを捕まえて、全員乗車。

運転手と料金を7.000円で折り合いが付き、約50分ほど出発地点の新穂高温泉駐車スペースへ到着する。
近くの温泉で久しぶり(5日ぶり)の入浴をして、ホッと一息・・!

帰りに飛騨に立ち寄って、飛騨牛の店を探すも見つからず、うどんを全員食べて、目指す九州へ帰還する。
■ポップアップ−ON *サムネイルをクリック >> 拡大画像/スライドショー (しない場合はキャプションをクリック)
P1050998 P1050999 P1060003 P1060004
P1060005 P1060006 P1060009 P1060011
P1060015 P1060016 P1060017 P1060018
P1060019 P1060020 P1060021 P1060024
P1060025 P1060026 P1060028 P1060029
P1060030 P1060031 P1060032 P1060033
P1060035 P1060037 P1060040 P1060041
P1060045 P1060046 P1060048 P1060049
P1060050 P1060051 P1060052 P1060054
撮影カメラは、Panasonic LUMIX DMC-LX3を使用しています。

コンパクトカメラなのですが、レンズが超広角24mm広角での開放値F2.0の性能を持っており、「1010万画素」「自動追尾」「3.0液晶」「トリプル手振れ補正」「暗部補正&逆行自動補正」など大変多機能なカメラです。