このブラウザでは、JavaScriptが実行できないかまたは実行できないように設定されています。
JavaScriptが実行できない場合、サムネイルをクリックして拡大画像/オリジナル画像を表示したり、ポップアップ画像を表示することはできません。
必要であればJavaScriptが実行できるようブラウザの設定を変更してください。
  (マイコンピュータでのみ制限されている場合があります。WindowsXP SP2の場合

2010年10月7日(金)
第一日目 北アルプス 雷鳥沢キャンプ

■ポップアップ−ON *サムネイルをクリック >> 拡大画像/スライドショー (しない場合はキャプションをクリック)

大きな地図で見る
日本の山岳地帯で、この時期にしか通行できない所である。北アルプスの「下の廊下」にどうしても行きたい衝動があり、天気も快晴との事で急遽行くことにした。
先ずは、交通手段だが「高速バス」「列車」「車」さらに登山口など相棒と散々悩んだ挙句、最も融通がつく車で立山か登ることにした。

計画としては、立山→バスで室堂まで→雷鳥沢→真砂岳→内蔵助平→内蔵助谷→出会→下の廊下→阿曾原→水平歩道→欅平→祖母谷温泉→欅平→トロッコ列車経由で宇奈月→列車で立山の計画

前日の10月6日(木)の夜7時に熊本を出発する。
ナビで距離を検索すると、走行距離が1.200キロとの表示。
3年前にも車で行ったし、今年も多少場所が違うにしてもほぼ同距離を走った。今回は、運転が2人とは言え、ゆっくり行けば何とかなる距離だと確信をする。
IMG_3164_1
立山駅
IMG_3166
立山高原バスより

当日は、立山から美女平へ向かうケーブルカーが故障の為に高原バスより乗り換え無しで室堂へ向かうことになった。

途中の景色は、すべて深いガスが掛かっており良く見えない状態だ。
IMG_3181
雷鳥沢
IMG_3174
ミクリガ池
IMG_3168
室堂

室堂は大変寒く、外はすべて氷の世界だ。

流石は、日本有数の豪雪地帯。
食堂で軽く昼食を済まして、早々に今夜の宿泊地である雷鳥沢キャンプ場へ向かう。
IMG_3190
雷鳥ヒュッテ
IMG_3194
露天風呂

雷鳥沢までは、約20分。

速攻でテントを張り、 雷鳥ヒュッテの天然温泉に入りに行く。
露天湯は、立てば外から丸見えか・・(^_^;)
それにしても、外部が冷えている関係上、熱い。
相当に水を入れなければ入れそうにないぞ〜(笑)
IMG_3202
今回のテント
IMG_3200
雷鳥沢

たっぷりと、温泉で熊本から車運転の疲れを癒した後にテント場へ帰る。
今回使用するテントは「アウトドアリサーチ社のナイトヘブン」本体重量が軽く1キロを切るもので、手持ちのトレッキングストックを二本使用して設営する物。

果たして、どうなることやら(笑)

雷鳥沢

雷鳥沢

雷鳥ヒュッテにて、たっぷりと温泉に浸り缶ビールを購入する。
テントにて乾杯をしていたところ、周辺のガスが一気に晴れて、あたりは素晴らしい景観に早変わりする。

時計を見ると16:30分ほど、夕暮れと相まって実に気持ち良い時間を満喫する。

雷鳥沢

雷鳥沢

右の写真は、17:20分を回ってきたところだ。

段々と足元が暗くなり始めており、一気に気温も冷え込んできている。
夕日も山の上部のみ。
そろそろ、テントに潜り込んでビールで乾杯しながら夕食に室堂で購入した名物の鯖寿司を食べることにした。
第二日目 北アルプス 雷鳥沢から内蔵助平へ続く