この高城山から羅漢岩周辺は、非常に景観が良く大好きな場所です。山野草も豊富です。
2006.10.24 場所:高城山から羅漢岩周辺 AM10:50雨量計測機器手前の駐車スペース出発→PM1:57雨量計測機器手前の駐車スペース到着
petboy単独


当初の予定では、北谷登山口から黒岳・障子岳・天狗岩・祖母山・北谷登山口へと周回する計画だったが、朝から天気が思わしくなく、急遽予定を変更して、高城山から羅漢岩周辺を散策する事にした。
この周辺は、毎年11月過ぎに散策している。以前の散策は、ここをクリックして下さい!
俵山トンネルを抜けて、アスペクタ方面へ右折。そこから恐ヶ淵方面に曲がり、コンクリートの細道を高城山へ向かう。
暫くすると、毎年駐車している雨量計測機器の手前の駐車スペースへ到着する。
到着時の空は曇天だったが、僅かずつではあるが青空が見えてくる気配だ。
又、あっちこっちで草刈機にて作業が続いている。そこを避けながら、羅漢岩方面へ向かう。
歩き出して、20分。お目当ての「ムラサキセンブリ」と「「ヤマラッキョ」が多数咲いている場所に到着する。
昼食を食べて、羅漢岩へ向かう。
踏み跡は少しあるが、相変わらず夏草が前を立ちはだかり、歩きにくい。(石につまずいて二回も転びました。(^_^;))
何とか羅漢岩にたどり着き、来た道を引きさずに、途中で遮二無二コンクリート車道へ降りる。
コンクリート車道を20分登って、駐車スペースへ到着する。
 


駐車スースからの風景
※1


この赤松が非常に目立つ存在
※2


ところどころに、この様な
オブジェが立っている
※2


羅漢岩方面
※1


阿蘇五岳1
※1


阿蘇五岳2
※1


阿蘇五岳3
※2


羅漢岩手前からの阿蘇五岳(ワイド)
※1


やっと青空が見えてきた
※1


高城山方面1
※1


高城山方面2
※1


高城山方面3
※1


ムラサキセンブリ
手前はヤマラッキョ
※2


色鮮やか
※2

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
使用カメラは、NIKON D100&D70
RAWで保存し、Nikon Capture4.3にて画像処理しています。
三脚「EL Carmagne443U」を使用

※1: D100+TAMRON SP AF17-35mmF/2.8-4Di
※2:NIKON D70+AF Micro Nikkor 60mm f2.8
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/