俵山は、熊本平野周辺から見える代表的な山です。その穏やかな山容には山野草の宝庫と言えます。登山口も四方あります
2007.1.1 場所:俵山 PM12:45俵山峠出発 PM2:20俵山山頂到着(昼食) PM3:00俵山山頂出発
PM4:12俵山峠到着   petboy単独


早朝より初日の出を見に行く予定だったが、雲に隠れて見えそうに無かったので諦める。
午前中に雑煮を食べ、ニューイヤー駅伝を途中まで見たところで、俵山峠へ向かう。
途中の「萌の里」横の登山口は数台の駐車があった。
PM12:30俵山峠駐車場へ到着。ほぼ満車だ。
しかし、登山者ではなく、単に展望台までの方たちのようだった。

展望台からのタデ原の急坂を登り始めたところで、小雨模様になる。
急いで、傘をザックの中から引っ張り出して登っていく。
足場は、泥濘により非常に滑る。
歩き始めて、40分でタデ原へ到着。(いつもの倍掛かってしまった。)
タデ原に到着したころにには、ほぼ雨が止み、そよ風が気持ちよい・・!
小雨は止んだり、少々陽が差してきたりの繰り返し。
傘も畳んだり、出したりで忙しい。
相変わらずの泥炭の登山道を登り、PM2:20やっと山頂へ到着する。山頂では、親子連れに出会う。
帰り際にタデ原より風車方面へ20分ほど下ったところで、風車を撮影する。
再度引き返し、帰りは駐車場真上へ下るルートを選択する。
 


俵山峠展望所より
※1


俵山峠よりタデ原途中より
祖母方面
※1


タデ原に上がると見晴らしの良い
清々しい草原に出会う
※1



途中の阿蘇谷の風景
※1


鞍岳方面
※1


やっと俵山が正面に見えてきた
※1


冠ヶ岳への縦走路
※1


俵山からの縦走路
※1



俵山山頂からの阿蘇谷方面(ワイド)
※2


俵山山頂からの金峰山
※1


美しい阿蘇五岳
※1


星生山山頂(ワイド)
※2


金峰山をバックに風車が映える
※3


風車1
※1


風車2
※1

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
使用カメラは、NIKON D100
RAWで保存し、Nikon Capture4.3にて画像処理しています。
三脚「EL Carmagne443U」および「レキ アンチシェラ フォトシステム」を使用

※1:NIKON D100+TAMRON SP AF17-35mmF/2.8-4Di
※2:NIKON D100+AF DX Fisheye Nikkor ED 10.5mmF2.8G
※3:NIKON D100+AF Micro Nikkor 60mm f2.8
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/