弥護山は、熊本市から見ると鞍岳の手前に位置し大津町になります。オオキツネノカミソリの自生地として有名で、弥護山自然公園の中にあり、整備も充実しています。
2007.7.31 場所:弥護山
petboy単独
AM11:10陽の原キャンプ場(駐車場)出発(撮影のためにかなりの時間が経過)
PM1:50弥護山山頂(1時間ほど休憩) PM4:05陽の原キャンプ場到着
※通常は、陽の原キャンプ場から1時間半ほどで弥護山山頂まで登れます。
 今回は、オオキツネノカミソリの群生地で有名な弥護山へ行く事にした。

弥護山ルート


陽の原キャンプ場周辺

ミルクロードより鞍岳線に入る。
この鞍岳線は、長い間工事中だったが、完全に開通したようだ。
以前は、砂利道で細い道を蛇行しながら苦労して運転していたものだが、新しい道は完全舗装で、かなり短時間で陽の原キャンプ場へ到着してしまった。
AM11:10陽の原キャンプ場を出発する。
キャンプ場の駐車場の近くにある矢護川周には、沢山の子供が水遊びに講じている。
橋を渡ろうとしたところ、ロープが張ってあり、進入禁止の標識があるが、構わず入る。



弥護山への入り口

心構えの広場

 約15分ほど歩くと、心構えの広場がある。
周辺はきれいに草刈機で整備してあり、入り口の進入禁止がなく、四輪駆動車ならば、この広場まで車で来る事が可能だ。
石の立派なテーブルとベンチが設置してあり、そよ風が吹いて気持ちいい。
この場所から直進すると、鞍岳方面へ達する。
向かって直ぐ脇に石の案内板があり、右の細い道へ入ると弥護山方面へ向かうことになる。
迷わず、弥護山方面へ入る。(道はちょっと薄暗いです・・!)


見事な夫婦杉

 「心構えの広場」より右へ入り、5分もあるけば、初めの「オオキツネノカミソリ」の群生地がある。両脇の登山道へ沢山咲き誇る。

 更に10分ほど歩くと、いくつかの枯れた沢があり、そこを過ぎると「夫婦杉」が聳え立つ。
非常に大きな二本の杉なので、直ぐ解るだろう。


 夫婦杉を過ぎると、第二の「オオキツネノカミソリ」の群生地ある。
第一の群生地は昨年から比べると少なかったので、今年は裏年かなと思ったが、この第二の群生地あたりから非常の沢山の花が咲き誇っていた。
 若干、盛りを過ぎているものもあるが、今週一杯ぐらいまでは見ごたえがあるだろう。


老朽化した梯子

 

 途中の老朽化した渡し梯子。
かなり、不安定で早急に取替えが必要なのではと思う。

 梯子の下には、一応丸太が入っていはいるが、どれも腐敗が進んでおり、乗るたびにきしむ。
慎重に渡ったほうが良いだろう。


非常に快適な登山道


 途中に老朽化したものは存在するものの、全体的には歩きやすく、沢からのそよ風が気持ちよい。

 右の写真は、杉並木の中を通る登山道だ。
  昨年は、この周辺で杉の伐採作業が行われており、通行するのに多少支障があったようだ。


かなり上の方にもオオキツネノカミソリの群生は多数ある

所々へ石の案内板がある

 今回、オオキツネノカミソリの撮影に1時間以上を裂いてしまったが、通常は広場から40程で、この辺までは上がってこれるだろう。
 周辺は、オオキツネノカミソリの花で一杯だ。
陽が当たっている花は、萎れてしまっているが、日陰の花はまだまだ元気なようだ。

突然視界が開ける
 

砂防ダムを過ぎたところより、伐採により突然視界が開ける。
日差しが非常にきつく、汗が吹き出てしまった。

しかし、直ぐ左脇に水辺を発見。
タオルをぬらし、暫し休息を取る。


頂上からの眺め

弥護山頂上の様子

 今回は、かなりの時間をオオキツネノカミソリの撮影に費やした為に、キャンプ場を出発してから2時間40分かけて弥護山頂上へ到着したが、通常なら、ゆっくり登っても2時間もあれば、到達できるだろう。
 頂上は、綺麗に草刈機で整備を施してあり、快適なテーブルとベンチがある。
私は、いつも、この頂上で昼寝をする。
そよ風が吹き、非常に気持ちよいのだ。(^_^;)


頂上近くからの熊本市方面の様子


 頂上にて、しばし休息を取り下山を始める。
伐採が進んでいる所は、禿山になっている。
日差しもかなり強い。
 下りは、約1時間ほどでキャンプ場へ到着した。
 
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
使用カメラは、NIKON D100
RAWで保存し、Nikon Capture4.3にて画像処理しています。
三脚「EL Carmagne443U」を使用

使用レンズは、風景は「TAMRON SP AF 17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF]」を使用
オオキツネノカミソリの撮影には、「SIGMA APO 180mm F3.5 MACRO EX DG HSM」を使用
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/