この高城山から羅漢岩周辺は、非常に景観が良く大好きな場所です。山野草も豊富です。
2007.11.7 場所:阿蘇高城山周辺
場所:高城山周辺 AM12:10雨量計測機器手前の駐車スペース出発→PM2:31雨量計測機器手前の駐車スペース到着


地図


グリーンロードより
 当日は、朝から小雨もよう。
殆ど止む様子が無かったが、今の時期は毎年行っている高城山の周辺に「ムラサキセンブリ」はずなので、いてもたっても居られず、レインスーツを着込んで撮影にのぞむことにした。

 西原村の「阿蘇ミルク牧場」を過ぎて、南阿蘇グリーンロードを地蔵峠方面に直進する。
途中の「十文字峠」あたりから深いガスが掛かる。


高城山


本谷峠方面

 地蔵峠を過ぎて、左側の最初のパーキングスペース前から、車両がやっと通れるコンクリート道へ入る。

左側に見える小高く尖った山が高城山だ。
車両で通行するには、両脇にススキがせり出しているので、少々擦ってしまう。


高城山北側の紅葉bR


高城山北側の紅葉bQ


高城山北側の紅葉bP

 

程なく、「雨量計測機器」手前の駐車スペースへ車を駐車して、レインスーツを着込み、ゆっくり歩き出す。

 高城山麓から本谷峠東側の紅葉は、今が丁度見ごろのようで、ガスは掛かっているが、それなりに幻想的で美しい。

そういえば、去年はこの中心に撮影に臨んだはずだ。
昨年の様子はここをクリック。


高城山北側の紅葉bS

高城山北側の紅葉bT

 当日は、小雨もようとの事で、手持ち撮影では適度なシャッター速度が得られず、手振れをおこしそうなので、三脚を立てて撮影に望む。

熱心に撮影していると、段々雨が強くなってくる。

 

昨年同様に本谷峠東側の紅葉を近くで撮影したかったが諦めて、本題のムラサキセンブリを撮影に行く事にする。


小雨もようにて水滴が・・!

高城山にガスが掛かってきた

赤松がポイントの美しい草原

 本来は、この周辺は南阿蘇の山々の絶好の撮影ポイントなのだが、生憎のガスで、殆ど見えない状態だった。

 しかし、赤松がポイントのこの美しい草原は、いつ訪れても素晴らしい景観を望める。


羅漢岩方面

歩き始めて、10分もすると、アスペクタが見える。
手前にも羅漢岩に似た岩塊があるが、近くによって見るとハーケンが無数に打ち込んである。どうやらロッククライミングの練習をしているらしい。


ウメバチソウbP

ウメバチソウbQ

 作業道に限らず、至る所に「ヤマラッキョウ」が咲き誇っている。

 岩陰には、「ウメバチソウ」が咲いていた。

「ウメバチソウ」の名の由来は、花の形が梅鉢紋に似ているかららしい。
確かに言われてみれば、そういえないでもない。

 「ウメバチソウ」の数は、沢山は咲いていない。

 それにしても、「ヤマラッキョウ」は沢山咲いている。


ムラサキセンブリbQ

ムラサキセンブリbP
 

 いよいよ、お目当ての「ムラサキセンブリ」の撮影に望む。
幸運にも雨も段々止んできたようだ。

 比較的三脚を立てやすい場所を選ぶ。
愛器Nikon D100にマクロレンズ(SIGMA APO 180mm F3.5 MACRO EX DG HSM)を装着して望む。
 このレンズは、滅多に使用しない、久しぶりだ。
ここで、ちょっとミス発生。
この重量のあるレンズ専用の「雲台」を自宅へ忘れてきてしまった^_^;
しかたなく、軽量の「雲台」にて望む。
レンズのみの重量だけでも1kgあるので、三脚もそうだが三脚の上にすえる「雲台」もしっかりしたものでないと、レンズ重みで、どうしても止まらない。(撮影の際にぶれる)


ヤマラッキョウbP

ヤマラッキョウbQ

ヤマラッキョウbR

 

 雨に濡れて、雫をしたためた「ヤマラッキョウ」も魅力的だ。

一つ一つ丁寧に横位置、縦位置と撮影していく。


ムラサキセンブリbS

ムラサキセンブリbR

 

 私は、撮影に望む際には、必ず「横位置」と「縦位置」の二枚ずつ撮影しているが、この「ムラサキセンブリ」は、どうしても「縦位置」が似合うようだ。

聞くところによると、場所によって「ムラサキセンブリ」の色が"濃い薄い"があるらしい。

ここの「ムラサキセンブリ」は比較的濃い方ではなかろうか。


ムラサキセンブリbT

ムラサキセンブリbU

 場所を変えて、撮影していく。

場所によると、どうしても風があるので、ぶれてしまうので、傘などにより風を遮り、撮影に望む。

その他の「ムラサキセンブリ」のフォトは以下をクリック

  その他Yahoo!フォトでの公開しています。
 スライドショーも可能です。
 Yahoo!フォトはここをクリック。


羅漢岩

アスペクタ方面
 

 花の撮影後に、羅漢岩(アスペクタ方面)へちょっと足を伸ばしてみる。

 レインスーツを着ているとはいえ、夏草が生い茂っているので、前に進めずに断念。


紅葉のアップ

コントラストが美しい

 PM2:05分、段々と当たりは暗くなり、ガスが発生してきそうなので、駐車スペースへ引き上げることにする。

 
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
使用カメラは、NIKON D100
RAWで保存し、Nikon Capture4.3にて画像処理しています。
三脚「EL Carmagne443U」を使用

使用レンズに関して、風景は「TAMRON SP AF 17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF]」を使用
花の撮影には、全て「SIGMA APO 180mm F3.5 MACRO EX DG HSM」を使用
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/