このブラウザでは、JavaScriptが実行できないかまたは実行できないように設定されています。
JavaScriptが実行できない場合、サムネイルをクリックして拡大画像/オリジナル画像を表示したり、ポップアップ画像を表示することはできません。
必要であればJavaScriptが実行できるようブラウザの設定を変更してください。
  (マイコンピュータでのみ制限されている場合があります。WindowsXP SP2の場合

南阿蘇 一ノ峯・二ノ峯

2008年6月23日

AM11:20二ノ峯直下駐車スペース→AM11:40一ノ峯と二ノ峯の中間地点の鞍部→AM11:55一ノ峯山頂(休憩)→AM12:24二ノ峯山頂(撮影タイムおよび昼食)→PM1:10二ノ峯山頂直下の駐車スペース

朝8時、山友の馬しゃんから電話があり、「今日はsanyuさんと一緒に一ノ峯に行かない・・!」とのお誘いを受けて、急遽行く事にした。
速攻で用事を済まして、AM10:30に仕事場を出発する。
馬しゃん達は、既に一ノ峯へと登っており、時間的に考慮した結果、二ノ峯直下の駐車スペースまで車で行き、そこから一ノ峯にて皆と合流することにした。

AM11:10二ノ峯直下の駐車スペースへ到着する。
熊本市周辺は、晴れて青空が見ているが、流石に山間部に入るとガスが掛かっている。
一ノ峯山頂もガスが僅かに掛かっているが、大したことはない。
速攻で用意をして、急坂を登り始める。
「ウツボグサ」や「アザミ」は踏み後付近に多数咲き誇るが、「ギボウシ」などのユリ科の植物は未だ蕾の状態だ。

約15分ほどで、一ノ峯と二ノ峯の中間地点の鞍部へ上り詰める。
周辺には、真っ赤な「ヤマツツジ」が咲き誇る。
一ノ峯へ向かっているとsanyuさんが遠くから「オーイ」と声を掛けてくれた。更に近づくと馬しゃんが盛んに手を振っており、あり難いかぎりだ。

無事に一ノ峯山頂へ到着。
山頂では、sanyuさんと馬しゃん、今回初対面の「K」さんが待って頂いていた。・・感謝!

続いて、私が上がっていたルートをちょっと引き返して、二ノ峯へ登る。
軽い昼食をとった後に二ノ峯山頂の大岩にて、sanyuさんよりロッククライミングの基本講義を受ける。・・sanyuさん感謝!

一ノ峯・二ノ峯周辺は、何時来ても素晴らしい草原を満喫できて、本当に草花が多いところだ。
皆で関心しながら、ゆっくりと下る。
他の方は、近場の温泉にて疲れを癒すとの事だったが、私は仕事があるので先に失礼することにした。

今回も楽しいひと時を有難うです。(^o^)/
■ポップアップ−ON *サムネイルをクリック >> 拡大画像/スライドショー (しない場合はキャプションをクリック)
一番下の縦サイズのphotoは、スライドショーの展開は出来ません。クリックしてご覧下さい。
DSC_1255
DSC_1255
DSC_1256
DSC_1256
DSC_1258
DSC_1258
DSC_1261
DSC_1261
DSC_1267
DSC_1267
DSC_1276
DSC_1276
DSC_1277
DSC_1277
DSC_1279
DSC_1279
DSC_1280
DSC_1280
DSC_1282
DSC_1282
DSC_1283
DSC_1283
DSC_1293
DSC_1293
DSC_1295
DSC_1295
DSC_1297
DSC_1297
DSC_1298
DSC_1298
DSC_1301
DSC_1301
DSC_1302
DSC_1302
DSC_1304
DSC_1304
DSC_1308
DSC_1308
DSC_1309
DSC_1309
DSC_1310
DSC_1310
DSC_1312
DSC_1312
DSC_1315
DSC_1315

鞍部から見た一ノ峯
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
使用カメラは、NIKON D100
RAWで保存し、Nikon CaptureNX 4にて画像処理しています。
使用レンズに関しては、「TAMRON SP AF 17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF]」および
「AF DX Fisheye Nikkor ED 10.5mmF2.8G」を使用
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/