このブラウザでは、JavaScriptが実行できないかまたは実行できないように設定されています。
JavaScriptが実行できない場合、サムネイルをクリックして拡大画像/オリジナル画像を表示したり、ポップアップ画像を表示することはできません。
必要であればJavaScriptが実行できるようブラウザの設定を変更してください。
  (マイコンピュータでのみ制限されている場合があります。WindowsXP SP2の場合

清栄山は、花の楽園・・。


2008年7月22日 petboy単独

AM10:30黒岩峠の駐車スペース出発→AM11:15清栄山山頂→AM12:10らくだ山別れ(昼食休憩)→AM12:53清栄山→PM13:03駐車スペース到着
 

大きな地図で見る
 先々週の祖母山行きの際に、山友さんのsanyuさんとの会話の中にて阿蘇清栄山にてマツモトセンノウが咲いているはずだととの情報を得ていたので、本日、登って見ることにした。
 この清栄山は何回目だろうか!
記憶によると、4回目のはずだが・・。
そう言えば、毎年、この初夏の時期に訪れている。
それも下山途中には、いつもスコールにあっている。


虎御前原から見た清栄山


虎御前原から見た五岳方面



 国道265号線の高森峠への直前に「清栄山登山口」の標識があるので、そこを左に入る。
暫く、車で行くと正面に「虎御前原」がある。
その奥が、めざす清栄山だ。

清栄山登山口

  AM10:15分、清栄山登山口の駐車スペースへ到着。
準備をして、登りはじめる。
登り始めは、急坂。下山時は滑るので注意が必要だ。

登山口から少し登った様子

ホタルブクロ

ウツボグサ
良く見ると人の顔をしている。
(*^。^*)


 大変日差しが強く、日陰が少ないので日射病に注意が必要だろう。
登山道の両脇には、「ウツボグサ」「アソノコギリソウ」「クサフジ」などが咲き誇る。

 数年前に訪れた際には、登山道の両脇に沢山の「オオキツネノカミソリ」が咲いていた。
 昨年は、草刈機にて刈り込んであり、残念ながら見ることが出来なかった。
今年は、どうだろうか?

清栄山山頂

高森峠への縦走路

 登りはじめて、15分もすれば展望が開けて、高森峠への縦走路から南阿蘇方面が一望出来る。


山頂の「山の神}

清栄山山頂

山頂から根子岳方面



清栄山山頂からの眺め


山頂からの眺め(フィッシュアイレンズ使用)

山頂からの南阿蘇方面



清栄山山頂からの眺め

山頂からの眺め(フィッシュアイレンズ使用)

山頂からの眺め

見事なマツモトセンノウ2

見事なマツモトセンノウ1

途中で赤牛が道を塞ぐ

 清栄山から「らくだ山方面へ「マツモトセンノウ」を求めて、下ることにする。
 途中の見事な花を発見・・!
 三脚を立て時間を掛けて撮影に没頭する。

 撮影が済み、「らくだ山」へ行く途中のルートを赤牛が塞ぐ、「あっちに行け!」と大声で叫ぶと、逆に何を勘違いしたことか、こちらに突進してきた。
慌てて、脇の草むらに避難して難を逃れる。^_^;

赤牛2

赤牛3

のいちご

らくだ山

らくだ山別れの木陰

らくだ山別れからの根子岳

クサフジ

らくだ山から見た清栄山

らくだ山南斜面


  清栄山から、約20分ほどで「らくだ山の別れに到着する。
 ここの木陰にて休憩して、様子を見るが、「らくだ山」へのルートは夏草が生い茂り、難儀しそうな気配があり、おまけに西空より、雷を伴ったスコールが目前に迫ってきたので、急いで北ルートを引き返して下山することにした。
 急いで、清栄山へ戻り、約10分で黒岩峠駐車スペースへ到着する。
到着すると、大型バス二台にて登山者らしき人々がウロウロしていた。
聞くところによると、高森峠から清栄山へ来る途中で仲間が道に迷っているとの事。
 私は、すごいスコールが迫っていることを知らせた後に、急いで車に乗って去る事にした。

 案の定、国道265号線に合流したところで、雷を伴った激しいスコールが待っていた。

 帰りの温泉は、いつもの「久木野村温泉 木の香湯」にて疲れを癒す。
 
■ポップアップ−ON *サムネイルをクリック >> 拡大画像/スライドショー (しない場合はキャプションをクリック)
DSC_2248
DSC_2248
DSC_2256
DSC_2256
DSC_2259
DSC_2259
DSC_2263
DSC_2263
DSC_2264
DSC_2264
DSC_2266
DSC_2266
DSC_2269
DSC_2269
DSC_2271
DSC_2271
DSC_2273
DSC_2273
DSC_2277
DSC_2277
DSC_2280
DSC_2280
DSC_2282
DSC_2282
DSC_2283
DSC_2283
DSC_2284
DSC_2284
DSC_2286
DSC_2286
DSC_2287
DSC_2287
DSC_2293
DSC_2293
DSC_2294
DSC_2294
DSC_2300
DSC_2300
DSC_2322
DSC_2322
DSC_2323
DSC_2323
DSC_2326
DSC_2326
DSC_2332
DSC_2332
DSC_2334
DSC_2334
DSC_2339
DSC_2339
DSC_2340
DSC_2340
DSC_2343
DSC_2343
DSC_2352
DSC_2352
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
使用カメラは、NIKON D100
RAWで保存し、Nikon CaptureNX 4にて画像処理しています。
使用レンズに関しては、以下を使用
SIGMA 24mm F1.8 DG ASPHERICAL MACRO
AF DX Fisheye Nikkor ED 10.5mmF2.8G
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/