このブラウザでは、JavaScriptが実行できないかまたは実行できないように設定されています。
JavaScriptが実行できない場合、サムネイルをクリックして拡大画像/オリジナル画像を表示したり、ポップアップ画像を表示することはできません。
必要であればJavaScriptが実行できるようブラウザの設定を変更してください。
  (マイコンピュータでのみ制限されている場合があります。WindowsXP SP2の場合

阿蘇 根子岳

同行者:sanyuさん馬しゃんいーさん
AM9:30大戸尾根登山口→AM11:32東峰・周辺(昼食・休憩)→PM2:38大戸尾根登山口到着


大きな地図で見る
久しぶりに休みと晴天がマッチすることもあり、どこに行くか思案した結果。
根子岳に登ることになった。
冬の根子岳に登ることは、ここ数年無い。
ヤカタガウドから登ることも検討したが、ここは安全策をと言うことで高森町側の大戸尾根からになった。

いつもの、大津町駐車場で馬しゃんと合流し、国道57号線から阿蘇大橋から325号線に入る。
途中の大規模林道より、高森町色見の大戸尾根登山口に到着する。

日田から駆けつけてくれた「いーさん」が、既に登山口に到着して待っていた。

作業道より

大戸尾根登山口

根子岳全貌

装備は、10本爪アイゼン、ゴアテックスの上下スーツ、ピッケル兼用ストック、ツエルトなど防寒対策は万全だ。

根子岳

祖母方面

根子岳山頂付近は、僅かだがガスが掛かっている様だが、まずまずの天気だ。
大戸尾根は、比較的初心者向けの登山道だが、しかし流石は根子岳だ。
急傾斜の登り一辺倒で息が切れる。

バックに見える祖母方面は、空気が澄んで気持ちよい。

急坂の連続

木製のはしご部

積雪が続く登山道

歩き始めて、10分ほどで、全員アイゼンを装着する。

杉や檜の植林地帯を抜けると、ほぼ根子岳東峰までの中間地点にあたる、木製のはしごが現れる。

このはしごは、随分前から備え付けてあるが、未だしっかりしており滑るアルミ製はしごより、安全の面で良いと思われる。

天狗が見えてきた。

天狗

はしご部を過ぎると、向かって左側に天狗が見えてくる。

ガスも段々と切れてきて、青空とマッチして素晴らしい景観を醸し出す。

登山道は、足首ほどの積雪があり、あるくには快適だ。
しかし、この登山道は本来は柔らかい黒土に覆われており、帰りに雪が解けると泥炭化してしまうと思われる。

祖母の遠望

東峰が近づくにつれて展望が開けてくる。

北の方向にへくじゅう連山、東には祖母が樹氷越しに見える。

サク、サクっと、積雪を踏みしめながら東峰へとひたすら登っていく。

天狗

東峰山頂より

東峰の表札

東峰山頂からの天狗とその奥の高岳

大戸尾根の登山口を出発して、約2時間で東峰に無事到着。

このルートは、数年前までは、一人孤独と戦いながら登っていた記憶があるが、今回、気の合う仲間とワイワイ登っていったので、全く疲れなど無かった。

仲間に感謝・・!

遠く祖母を望む

東峰からの風景は、今までの根子岳からの眺めの中でも一級品だった。

まさに、これこそ雪化粧。

昨夜は、積雪、今朝からはうっすらとガスが掛かっていたと思われるので、東峰の山頂周辺の低木は、霧氷に覆われており、これが青空に光り輝いていた。

くじゅう連山も雪化粧くっきり!

北の方向には、くじゅう連山の雪化粧もくっきりと見ることが出来た。

東峰山頂にて、時間を掛けて、各々カメラにて撮影をした後に、馬しゃん持参のビニールシートに腰をおろし、昼食をとることにする。

いつものように、熱いコーヒーをご馳走様・・!

高岳

東峰を後にする

東峰にて昼食のかたわら休憩をした後に、少し縦走路へ足をのばして見た。

本来は、冬季の危険を考慮してか縦走は禁止されているが、途中までならお許しいただきたい・・!

正面に天狗と遠望に高岳を正面に見据えながら歩く雰囲気は、何よりの楽しみだ。

東峰の樹氷

途中で、後にした東峰を振り返ると、素晴らしい樹氷を見ることが出来る。

少しづつ溶けてきている様だが、その樹氷の繊細さが一層引き立たせている。

天狗をめざす。

天狗と高岳

一面真っ青な青空と樹氷に囲まれた縦走路を歩く。

今回のメンバーのsanyuさん、馬しゃん、いーさんも大はしゃぎだ(^.^)

天狗

絶好の展望台

ロープを出して、下りてみる

樹氷の中を下る


縦走路は、一旦急勾配を下って、再び登り上がる箇所がある。

持参のロープをザックから出して、天狗の絶好の展望台まで行くために下ってみた。

普段は何気ないルートも、樹氷のトンネルに変わっており、素晴らしい体験をした。

天狗

sanyuさんが手を振っている


トンネルを向けると、展望台が目の前に。

カチカチに凍っている樹氷を手前に天狗を撮影する。

抜けるような青空に樹氷と天狗がマッチして、素晴らしい景観だ。

sanyuさんが小さく見える

右の岩塊が・・!


展望台にsanyuさん、馬しゃん、私の順番で登っていく。

ん、展望台が見る角度によると、人の顔に見える。
何度も来ているが、これは発見・・!

人の顔に見える岩塊

馬しゃんがポーズ

樹氷

天狗と高岳

まるで珊瑚

東峰の樹氷

天狗と高岳

登山口手前の牧草地

避難小屋

牧草地より


PM2:38分、無事に大戸尾根登山口に到着する。

その後、私たち熊本組と方向が違ういーさんと分かれて、近くの蕎麦屋「蕎麦工房まつ田」にて食事を取り、更に途中のアソシエートで温泉に入り、帰宅する。
■ポップアップ−ON *サムネイルをクリック >> 拡大画像/スライドショー (しない場合はキャプションをクリック)
IMG_0845 IMG_0846 IMG_0847 IMG_0848
IMG_0849 IMG_0850 IMG_0851 IMG_0853
IMG_0854 IMG_0855 IMG_0858 IMG_0860
IMG_0866 IMG_0867 IMG_0868 IMG_0869
IMG_0870 IMG_0871 IMG_0872 IMG_0875
IMG_0876 IMG_0877 IMG_0878 IMG_0880
IMG_0881 IMG_0883 IMG_0884 IMG_0885
IMG_0886 IMG_0888 IMG_0889 IMG_0891
IMG_0893 IMG_0894 IMG_0895 IMG_0896
IMG_0897 IMG_0898 IMG_0899 IMG_0907
IMG_0912 IMG_0913 IMG_0916 IMG_0917
IMG_0919 IMG_0924 IMG_0928 IMG_0929
IMG_0930 IMG_0931 IMG_0932 IMG_0933
IMG_0937 IMG_0940 IMG_0942 IMG_0943
IMG_0944 IMG_0946 IMG_0948 IMG_0950
IMG_0951 IMG_0952 IMG_0954 IMG_0956
IMG_0957 IMG_0958 IMG_0960 IMG_0961
IMG_0962 IMG_0963 IMG_0965 IMG_0967
IMG_0972 IMG_0973 IMG_0974 IMG_0976
IMG_0977 IMG_0978 IMG_0979 IMG_0980
IMG_0981 IMG_0984 IMG_0985 IMG_0986
IMG_0987 IMG_0988 IMG_0989 IMG_0991
IMG_0992 IMG_0993 IMG_0994 IMG_0995
IMG_0997 IMG_0998 IMG_0999 IMG_1000
IMG_1001 IMG_1002 IMG_1003 IMG_1004
IMG_1005 IMG_1008 IMG_1012 IMG_1013
IMG_1019 IMG_1022 IMG_1023 IMG_1024
IMG_1025 IMG_1028 IMG_1029 IMG_1030
IMG_1031 使用カメラは、全て「CANON PowerShot G12」を使用しています。