杵島岳は、夏前までに登るのがベストかも!すぎると草足が長く登りにくいし、藪漕ぎがあるかも(^ ^;)ご感想は、掲示板へ是非ご記載願います。
 2002.05.21 天気:晴天 同行者:zatt-lanza petboy
杵島岳:登り50分 下り30分
杵島岳山頂より往生岳 登り30分 下り15分
AM10:30入山
 
阿蘇火山博物館上へ駐車する。火山博物館へおりてトイレを拝借し、登山開始。
雲一つない快晴だが、日陰場所が無く、暑い(^_^;)
 当日は、地元の「歩こう会」の催しとの事で、大勢の人で山頂は大入り満員状態だった。
肝心のミヤマキリシマの状態は7〜8分咲きと言うところだ。私は、満開よりもこの状態が良いと思う。そそくさと杵島岳を降りて、隣の往生岳へよじ登る。ここは杵島岳よりも花は全く無いが、見晴らしは抜群だ。独占状態で、弁当を貪る。この山頂より見ても杵島岳の東火口壁がかなりミヤマキリシマでピンク色で彩られている。
 急いで、往生岳を下って、杵島岳東火口の脇へ取り憑く。東火口は杵島岳山頂よりもかなり低い場所に存在しており、ここより東火口を周回するミヤマキリシマ観覧道を通ることとする。昨年の9月にも試しにこの周回コースを通ったが、無惨な藪漕ぎ状態で、体のあっちこっちが傷だらけになってしまった苦い経験がある。しかし、当日はかなり整備されており、多くの人達も満足だった事だろう。
 帰りに、「米塚」へ登ろうと意気込んで登山口まで行ったが、修復中との理由により進入禁止だった。諦めて、家路に着く。(-_-;)
※杵島岳より往生岳へのルートは杵島岳より東火口への下りきった少し上に注意しながら見ていくと、左側に行けるルートがあります。暫く、杵島岳脇を行き、平坦になった所から適当に往生岳へ取り憑きます。
杵島岳登山口にて
杵島岳山頂脇火口にて
往生岳頂上
杵島岳東火口壁
杵島岳東火口壁上にて
杵島岳東火口より往生岳
杵島岳東火口より頂上望む
杵島岳ミヤマキリシマ観覧道
杵島岳ミヤマキリシマ観覧道入口