このルートは、非常に撮影ポイントが豊富で清々しい非常に良いコースです。数年前までは一部藪コギの感がありましたが、新しい標識やルートも整備されて初心者にもお勧めのコースです。
2006.12.05 場所:くじゅう連山 泉水山・黒岩山
AM10:20長者原出発(途中15分ロス)→AM11:30下泉水山(昼食)→PM12:25上泉水山→PM13:35黒岩山→PM3:02長者原到着
petboy単独


当日は、午前中にやや曇り勝ちだったが、午後から晴れ間が見えてまずまずの登山日和だった。
三俣山・星生山の山頂近くは、薄っすらと雪化粧をしていた。
私としては、もう少し晩秋の雰囲気を味わいたかったので、あえて遠めに積雪が感じられなかった泉水山から黒岩山へのルートを選んでみた。
勢いよく長者原を出発したまでは好かったのだが、キャンプ場を過ぎて下泉水山の北側へ回り込んだところで、不覚にも帽子を忘れているのに気づき、仕方なく長者原へ引き返す。往復15分のロス
気を取り直して、下泉水山の北側への登りへ向かう。
このあたりは、草原地帯と自然林が交差して独特の雰囲気を醸し出している。
下泉水山の北側から西側へ回り込むと正面に小国富士の「涌蓋山」が見える。実に美しい山だ。
やがて、下泉水山頂上への表札があり、自然林の中へ入っていく。
10分も登ると自生している松に囲まれた頂上への入り口に到着する。
大岩を登りつめたところが下泉水山の頂上だ。周りは360度見渡せることが出来る。
不思議な事だが、この下泉水山周辺だけに松が自生しており、他の上泉水山以降は、松は無い。
頂上でカロリーメイトを食して、上泉水山へと向かう。
下泉水山から上泉水山への急坂を登りつめると、後はなだらかな気持ちよい縦走路が続く・・。
歩き出して、約3時間で黒岩山へ到着してしまった。意外と早いのです。

黒岩山から牧ノ戸峠へ下る急坂で、少々トラブル発生。
通り過ぎる際に枝が顔面を直撃して、眼鏡が大きく曲がってしまう。先日買い換えたばかりで
ショックを隠し切れない ; ̄_ ̄) その後眼鏡屋へ持ちこんでして直して貰いほっとする。

程なく牧ノ戸峠へ降りきり、長者原への遊歩道へ下る。
遊歩道は、落ち葉が程よく敷き詰めて、実に気持ちよい歩きでした。


牧ノ戸峠手前の展望台より
阿蘇五岳方面
※1


牧ノ戸峠手前の展望台より
扇ヶ鼻方面
※1


さあ、長者原を出発
AM10:20
※1


キャンプ場を過ぎて上泉水山
へ登り始める際に見える
三俣山
※1


上泉水山の北側へ回りこむ
あたりは、草原地帯で
非常に見晴らしが良い
※1


涌蓋山 が正面に見える
まさしく小国富士の名に恥じ
ない山だ。
※1


AM11:30下泉水山頂上へ到着する。
周りは、自然の松が自生しており、独特の雰囲気を醸し出す
※2


下泉水山からの星生山
山頂は薄っすらと雪化粧だ
※1


下泉水山からの上泉水山・涌蓋山
※2


上泉水山からの三俣山
この縦走路からの象徴的な
山だ。
※3


上泉水山から黒岩山への
縦走路
※1


上泉水山を振り返る
※1


三俣山
※1


硫黄山の噴煙
※3


三俣山のアップ
いつ見ても迫力があるね
※3


三俣山
※1


大崩ノ辻別れより上泉水山
の方面を振り返る
※1


黒岩山の手前より垣間見える
涌蓋山
※1


黒岩山の手前からの
三俣山


黒岩山からの牧ノ戸峠
※1


黒岩山の展望所より
※1


牧ノ戸峠より長者原への遊歩
道は、落ち葉が敷き詰める
※1

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
使用カメラは、NIKON D100&D70
RAWで保存し、Nikon Capture4.3にて画像処理しています。
三脚「EL Carmagne443U」を使用

※1: D100+TAMRON SP AF17-35mmF/2.8-4Di
※2:NIKON D100+AF DX Fisheye Nikkor ED 10.5mmF2.8G
※3:NIKON D70+AF Micro Nikkor 60mm f2.8
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/