このブラウザでは、JavaScriptが実行できないかまたは実行できないように設定されています。
JavaScriptが実行できない場合、サムネイルをクリックして拡大画像/オリジナル画像を表示したり、ポップアップ画像を表示することはできません。
必要であればJavaScriptが実行できるようブラウザの設定を変更してください。
  (マイコンピュータでのみ制限されている場合があります。WindowsXP SP2の場合

国民宿舎 久住高原荘

2009年1月12日(月)同行者:sanyuさん、馬しゃん、GENさん、いーさん

12日PM12:00瀬の本の三愛レストハウス待ち合わせ→PM12:06久住高原荘到着→PM12:30久住高原荘出発(黒岩山へスノートレッキング)→PM4:00久住高原荘到着(宿泊)→13日AM8:20久住高原荘出発(合頭山・猟師岳スノートレッキング)→AM11:25久住高原荘へ入り入浴後に解散

約一週間ほど前に、GENさんの提案で「坊がつる」の法華院山荘の土間で泊まりがけで新年会を開く提案があり、天気が思わしくない事を考慮した結果、馬しゃんの知り合いがお勤めされていると言う「国民宿舎 久住高原荘のログハウス」にて新年会を開くことになった。

私は、仕事の都合上もあり、AM12:00に瀬の本の三愛レストハウスに皆集合とした。

当日は、予想通り今シーズン最初の寒波到来にて、阿蘇一の宮町から産山村への峠から、凍結していたものの何とかチェーン無しにてAM12:00に三愛レストハウスへ到着する。

三愛レストハウスにて、チェーンを装着していると突然予定外のtoshiyanさんご夫婦が顔を見せる。
toshiyanさんは、明日が仕事上宿泊が出来ないとの事で、お互い検討を呼びかけて分かれる。

その後、馬しゃんが手配していただいた「国民宿舎 久住高原荘のログハウス」へ向かう。
ログハウスはPM4:00より入居可能との事で、車を置いてGENさん愛車のハイラックスサーフへ全員乗り込み、牧ノ戸峠へ向かう。

久住高原荘正面玄関

久住高原荘正面玄関

 宿の久住高原荘も全て雪化粧だ。

初めて訪れたが、非常に綺麗で感じが良い。

ログハウス

久住高原荘

ログハウスから


PM4:00
黒岩山スノートレッキングから再び久住高原荘のログハウスへ戻ってくる。

ログハウス内にもお風呂はあるが、さしより本館の天然温泉へ皆で入りに行くことにする。
ログハウスからは裏から直ぐに本館の裏側へ通じており、非常に便利が良い。

泉質も「湯ノ花」が多数あり、硫黄たっぷりの上質な温泉だ。

非常に満足。

ログハウス平治

ログハウス入口
ログハウスの宿泊料金は、以下の通り。
 4月〜10月末日迄
   休日前:26,250円
   その他:21,000円
  ※但し7月20日〜8月31日の期間は26,250円
 11月〜3月末日迄
   休日前:21,000円
   その他:15,750円
  ※ 年末年始(12/31〜1/3迄)の期間は26,250円

 従って、今回は11月から3月末までのお得なコースになり、15.750円で借りる事が出来た。
それに、馬しゃんが前もって購入していただいた食材などを全て足して、参加人員の5人で均等に割ったところ、一人頭4.500円にて全て賄うことが出来た。
テレビもついており、料金的にも非常にお買い得感があるものだ。

馬しゃん

調理担当の馬しゃんとsanyuさん

 先ずは、調理担当の馬しゃんの指示でsanyuさんが手伝って調理開始・・!

布団設置と場所確保などの雑用は、私とGENさん、いーさんが分担して行っていく。

室内は、バーナーでの暖房が効いており、屋外が氷点下にも関わらず、物凄く暖かい(逆に暑い)(笑)

雑用係りのGENさん、いーさん

食事の用意風景

ひたすら食べるGENさん

 暇があったらつまみ食いするGENさん(笑)
どっかりと座って眺めているいーさん、私は?

美味しい雑炊・・!

楽しい食事の風景
 馬しゃん持参の食材による雑炊や酒のつまみを皆で平らげる。
勿論、ビールと焼酎とお酒はそれぞれ飲むことにした。
私は、ビール2本、焼酎の熱燗2杯を戴く事にした。

深夜まで、皆で語らった後にPM11:30に就寝する。
就寝は、男四人が別途に二階(ロフト)に所狭しと布団を張って就寝することに!
ところが、これがトンでもなく暑い(笑)
と言うのも、二階は屋根の真下三角直下に位置しており、一階でのボイラーの暖気が篭る構造になっている関係上、暖気がモロに押し寄せてくる感じだ。
おまけに強乾燥状態で、喉がカラカラ・・(~_~;)

私の記憶によると、夜中に私が起きてトイレ+外の空気を吸いに出て、次にsanyuさんが起きて階段を下りて行ったはずだ。
次にいーさんが起きた様だ。(様な気がする。)
夜中に何度か目が覚めたが、私の隣のGENさんは布団を押しやって大の字になり腹を出して寝ていた・・(笑)

後で聞いたところによると、いーさんは夜中2時か3時ごろに、あまりの暑さに寝られずに外に何度も空気を吸いに行ったそうだ。(^o^)/

翌朝は、前夜のご飯をおにぎりにして貰い、天気予報を見ながらどこに登るか相談したところ、GENさんといーさんが未だ合頭山・猟師岳へは登っていないとの事で、合頭山・猟師岳へスノートレッキングへ行く事に決定・・!
早朝のぐずついた天気が一応落ち着くのを待って、AM8:20ログハウスを出る。
馬しゃんは、午後から仕事の都合上、早めに帰るとの事で、GENさんと馬しゃんの車二台で牧ノ戸峠手前の合頭山・猟師岳の登山口へ向かう。

その様子は、ここをご覧下さい。

その後、無事に合頭山・猟師岳へのスノートレッキングを終えた後に、再び久住高原荘へ戻り、温泉に入った後に解散する。
次回、人数が集まった際には、是非とも再度この「久住高原荘 ログハウス」を拠点に構えようと思う。
 
■ポップアップ−ON *サムネイルをクリック >> 拡大画像/スライドショー (しない場合はキャプションをクリック)
P1030118 P1030120 P1030121 P1030122
P1030123 P1030126 P1030233 P1030237
P1030239 P1030240 P1030241 P1030245
P1030246 P1030248 P1030249 P1030250
P1030251 P1030252 P1030253 P1030254
P1030256 撮影カメラは、Panasonic LUMIX DMC-LX3
コンパクトカメラなのですが、レンズが超広角24mm広角での開放値F2.0の性能を持っています。
その他、「1010万画素」「自動追尾」「3.0液晶」「トリプル手振れ補正」「暗部補正&逆行自動補正」
など大変多機能なカメラです。
その他の機能はこちらを参照願います。