このページは、天狗岩から祖母山を経て、馬ノ背、宮原、尾平登山口へ下る(帰る)様子を掲載しています。
2007.10.30 場所:尾平登山口→黒金尾根→天狗岩→祖母山→三浦章氏(腰掛岩)へ献花→宮原→尾平登山口

尾平(テント泊)→尾平登山口出発AM6:45→天狗水場AM9:56→縦走路分岐AM10:27→天狗岩AM10:35(休憩・軽食)→祖母山PM12:40(休憩)→祖母九合目小屋PM1:10(腰掛岩へ)→PM14:10→宮原分岐PM14:20→尾平登山口到着PM16:42


このページは「天狗岩より祖母山を経て尾平登山口までの様子」を掲載してしています。
「出発点の尾平登山口より黒金尾根を経て縦走路までの様子」は、こちらをクリックしてください。
「三浦章」氏への献花の様子はこちらをクリック願います。
 尾平登山口より黒金尾根の急坂を登ること3時間40分。
やっと縦走路へ上がったが、ここは少々障子岳側へ引き返すことになるが、やはり天狗岩での最高の展望を味わわない手は無い。
  このページは、私が思うに、九州では一番最高の展望台の「天狗岩」から掲載する事にしよう。


烏帽子岩の紅葉


天狗直下の紅葉

 黒金尾根より縦走路へ出て、障子岳方面へ縦走路を逆戻りすること、5分ほどで天狗岩への分岐に出くわす。
そこを左へ入りちょっとした岩場を乗り越えると、天狗岩手前のピークへ上がる。
それを過ぎると、天狗岩が見える。


天狗岩手前の痩せ尾根

烏帽子岩直下が岩稜

 天狗岩へは、両側が絶壁の痩せ尾根を通過しなければいけない。
上部の岩へ手を掛けて、慎重に天狗岩へ進もう。

 距離は、僅かなのだが霧が発生していたり、濡れていると危険なので注意が必要だ。


天狗岩からの祖母山

天狗岩よりウラ谷岩鼻付近

 AM10:35分、天狗岩へ到着する。
天狗岩に到着した頃には、空は真っ青に晴れて、そよ風もあり、非常に気持ちよい状態だった。

 祖母山などの頂上は、やや紅葉は終わりかけているようだが、中腹の紅葉が非常に美しい。


天狗岩よりウラ谷岩鼻の岩稜

ウラ谷岩鼻の紅葉

 祖母山手前に見えるウラ谷岩鼻の紅葉は非常に良い状態だ。

 天狗岩から見ると、まるで岩にこびり付いたコケのように見える。


天狗岩より祖母山(ワイド)

天狗岩より障子岩の方面(ワイド)

天狗岩より傾山(手前は尾平)

天狗岩より山友

天狗岩より祖母南側斜面の紅葉

 天狗岩にて、ほぼ撮影が終了したところで、少々早いが軽食を食べることにした。
 行きがけの竹田市にて購入したいなり寿司と巻き寿司などを山友さん達と分け合って食べる。

縦走路の天狗岩分岐

ウラ谷岩鼻
 

 天狗岩にて、約40分ほど遊んだ後、再び縦走路へ戻り、祖母山を目指す。
ルートは一旦下り、林を抜けると「ウラ谷岩鼻」が正面に現れる。
 ここも紅葉と緑のコントラストが非常に映える


非常に綺麗な紅葉

これより先に急坂が待っている

縦走路からの障子岳方面

 「ウラ谷岩鼻の岩盤を過ぎると、いよいよ祖母山が眼前に迫ってくる。
 その前にはダラダラと長い坂が待っている。
 この坂は、両側をスズダケと樹木で囲まれているので、殆ど景色が見えない。
  ここで気を抜くと、一気に気力が萎えてしまうので、気を引き締めなければならない・・!


細い所を慎重に登る

最初のアルミ梯子

やっと祖母山頂が見えてきた

 20分ほど視界が無い坂を上ると、祖母山頂の岩稜が見えてくる。

 ここまでくると、アルミ梯子は目前だ。
少々下がったところに、アルミ梯子が岩に沿って這わしてあるので、慎重に渡ろう。


祖母山頂への最後の岩場

祖母山頂からの障子岳方面

梯子を3本ほど渡り、非常に細いルートを通ると、祖母山頂はもう直ぐだ。

最後になる岩場が眼前に現れるので、慎重によじ登ろう。ロープもあるが、出来ればロープ無しで登りたい。


祖母山頂からの傾山方面


祖母山頂からの北方面


大賑わいの祖母山頂

 PM12:40分、程なく、祖母山頂に到着する。

 相変わらず山頂は、大勢の登山者で賑わう。


腰掛岩
 あまりにも祖母山頂が賑やかだったこともあり、山友さんとトイレがある「九合目小屋」にて昼食を食べることで意見が一致。
山頂から約5・6分で「九合目小屋」へ到着する。
 小屋の入り口を見ると、献花用と思われる花束が置いてある。
早速、管理人さんの「K」氏へお話をすると、昨年お亡くなりになった「三浦 章」氏へとの事で、現場近くへご一緒させていただく光栄にあやかる。
「腰掛岩」の詳細は、ここをクリック

メンノツラ分岐付近の紅葉

メンノツラ分岐

 腰掛岩から再び「九合目小屋」へ戻り、いざ「宮原分岐」方面へ向かう。
途中のメンノツラ分岐を早足で抜けていく。
 このルートは適当な坂はあるものの、両脇の紅葉も美しく、非常に快適そのものだった。


祖母方面はガスに包まれる

馬ノ背を慎重に渡る

 「祖母九合目小屋」を出て、何と10分ちょっとで「馬ノ背」まで行き着いてしまった。
殆ど、小走りの状態でオーバーペースだ。

 振り返ると、祖母山はすっかりガスに覆われている。周辺もだんだん暗くなってきた。
急いで正解だったのかも・・!

 「馬ノ背」は、ものすごく細い尾根。
一応、しっかりしたロープは張ってあるが、岩がもろく、両脇は絶壁。
慎重に渡ろう。


宮原分岐過ぎの様子

宮原分岐付近の紅葉
 かなりオーバーワーク気味だったこともあり、意識的にペースをダウンさせる。


  このままでは、尾平登山口までの急坂で事故が起きかねない。
周辺の紅葉を楽しみながら、ゆっくりマイペースで下っていく。

PM16:42分。
下りの「奥岳川」へ下ったところで、若干道に迷ってしまったが、無事に尾平登山口へ到着する。
安堵感たっぷり!
曇り空になったこともあり、あたりは、更に暗くなってきていた。

 帰りには、「竹田市」の温泉に入り、熊本へ帰還する。
最後まで、ご覧頂きまして有難う御座いました。
(^o^)/

 
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
使用カメラは、NIKON D100
RAWで保存し、Nikon Capture4.3にて画像処理しています。

使用レンズに関して、「TAMRON SP AF 17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF]」又は
AF DX Fisheye Nikkor ED 10.5mmF2.8G(ワイド)を使用
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/