このブラウザでは、JavaScriptが実行できないかまたは実行できないように設定されています。
JavaScriptが実行できない場合、サムネイルをクリックして拡大画像/オリジナル画像を表示したり、ポップアップ画像を表示することはできません。
必要であればJavaScriptが実行できるようブラウザの設定を変更してください。
  (マイコンピュータでのみ制限されている場合があります。WindowsXP SP2の場合

祖母山 北谷コース

2008年4月1日 北谷から祖母山

AM10:00北谷→AM11:35国観峠(昼食)→PM1:00祖母山頂(撮影タイム→PM2:49風穴→PM3:40北谷
同行者:panjitetuya君

今回は、PCジョイナスクラブメンバーで友人のpanjitetuya君のたっての希望である祖母山へ行く事にした。
車二台とのことで、最初は親父山から祖母山までのことで「親父山から祖母山」までの縦走も考えたが、「将来的に子供と一緒に登れるコースとのことで、熊本から一番ポピュラーなコースと言える北谷からのコースをとった。

今回も、前々回に引き続き私はボッカ訓練を兼ねる。
今回は、25kgを背負う事にした。

途中の高森峠過ぎの信号近くにて待ち合わせ、五ヶ所高原へ向けて二台の車で走る。
AM9:45、無事に北谷登山口へ到着する。
何度かはくじゅうへは登っているが、今回panjitetuya君は、祖母山デビューだ。
北谷から30分ほど急坂を登りきると、後は比較的なだらかな歩きやすい登山道だ。

途中の展望台での黒岳・祖母山は、真っ白でアイゼンを持参しなかったので、不安が漂う。
国観峠へ到着すると、祖母山の綺麗な姿が見える。
昼食を食べていると、東京から来られたという親子連れに出くわし、しばし談笑する。

国観峠から急坂を登り九合目標識を過ぎたところから、素晴らしい霧氷が出迎えてくれた。
登山道も霧氷が落ちて真っ白だ。
段々高度を上げるに従って、登山道も凍結している。
アイゼンが無いので、苦労するが何とか山頂まで到着した。

山頂は、青空が見えて比較的暖かく感じる。
三脚をザックから取り出し、17−50ズームレンズ・60mmマクロ・フィッシュアイレンズと交換して行き、時間を掛けて撮影していく。

山頂から、私は「びしょ濡れになるので止めよう!」と言うのを、panjitetuya君の強い要請にて風穴コースへ下る事になる。風穴コースは、更に霧氷と氷柱が下がっており、素晴らしい光景が広がる。
一部凍結した岩場を慎重に下り、PM3:40、無事に北谷登山口を到着する。

pajitetuya君曰く「再来週は、由布岳もしくは阿蘇高岳(中岳)に行きたいとの要請あり。」

熊本へ帰る途中に久木野温泉 木の香の湯にて疲れを癒す。
■ポップアップ−ON *サムネイルをクリック >> 拡大画像/スライドショー (しない場合はキャプションをクリック)
0001
0001
0002
0002
0003
0003
0004
0004
0005
0005
0006
0006
0007
0007
0008
0008
0009
0009
0010
0010
0011
0011
0012
0012
0013
0013
0014
0014
0015
0015
0016
0016
0017
0017
0018
0018
0019
0019
0020
0020
0021
0021
0022
0022
0023
0023
0024
0024
0025
0025
0026
0026
0027
0027
0028
0028
0029
0029
0030
0030
0031
0031
0032
0032
0033
0033
0034
0034
0035
0035
0036
0036
0037
0037
0038
0038
0039
0039
0040
0040
0041
0041
0042
0042
0043
0043
0044
0044
0045
0045
0046
0046
0047
0047
0048
0048
0049
0049
0050
0050
0051
0051
0052
0052
0053
0053
0054
0054
0055
0055
0056
0056
0057
0057
0058
0058
0059
0059
0060
0060
0061
0061
0062
0062
0063
0063
0064
0064
0065
0065
0066
0066
0067
0067
0068
0068
0069
0069
0070
0070
0071
0071
0072
0072
0073
0073
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
使用カメラは、NIKON D100
RAWで保存し、Nikon CaptureNX 4にて画像処理しています。
使用レンズに関しては、以下のレンズを使用
「TAMRON SP AF 17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF]」
「AF MICRO NIKKOR 60mm F2.8」
「AF DX Fisheye Nikkor ED 10.5mmF2.8G」 を使用
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/