このページは人から「マニヤックな奴!」と言われる私のテントについて考えを紹介します。お気楽に読んでください。ご意見は是非メッセージボードへご投稿願います。

テントについて(テント購入日本製)

 

RIPEN ドマドームライト

外国製のテントも一通り検討したが、同じ価格なら日本製の物をと言うことで、まずアライテントに心が傾く。
アライ製テントと言うと、私が思うに現在手持ちの「さかいやオリジナルテント」はアライ製のものとの噂が(笑)

アライテント(RIPEN)には、他にもGORE−TEX使用の「ゴアライズ」や一層ハードな使用が可能な「タフライズ」などのシリーズがあるが、カタログで最初のページに非常に興味がある新製品なるテントが目に飛び込んだ。

その名は「ドマドームライト
右の写真は、ドマドームの本体の状態
ドマ=土間
つまり、土間があるドームテントと言うことか(笑)

三本(同じ長さのフレーム)による前室がある。
風雨でも耐えそうだ。

このドマドームライトの兄貴分にあたる「ドマドーム メッシュ」と言う製品があるが、これは前室のフレームの間にメッシュになっているのみで、その他の仕様は変わらない。
値段は、メッシュになっている分6.000円ほど高くなっている 。

RIPEN  ドマドームライト

ドマドームライトの話に戻るが、気になる重量は、一人用の1型だと1.790g、二人用の2型が2kg

左の写真は、ドマドームライトのフライシート装着
ドマドームライト1型
 一人用
 重量:1.790g
 サイズ:寝室 幅200×奥75×高104cm
      土間 幅200×奥60×高110cm
 収納サイズ:32×19cm(ポール含まず)未だ縮小可能

1型の室内が奥行き75cmで、狭いのは解るがそれにも増して前室に荷物など全てを置く事が可能なので許せるだろう。
更に、前室で煮炊きも可能。
今まで見てきたテントでは、前室があるものはフライシートの一部なので、あくまで靴置きぐらいしか出来ないのが現状と思われ、勿論、前室のフライシートの両側は開放させることも可能だ。
それに比べても画期的かも・・!

しかし、値段が定価46.200円で実売が40.000円と言うところか。

考えた挙句に、2010年4月 購入欲に負けてしまった。
はい、このテントを購入してしまいました(笑)

実は、先日、狭い自室にて、このテントを設置してみました。
未だ、馴れないせいか三本のフレーム(ポール)を本体に通して立てるのに時間が掛かってしまった。
更に、収納する際にも布地が複雑ゆえにシック八苦の状態だった。
最初だし、何度か使用する内に何とかなる程度のものなのだが、購入される方は自宅にて幾度かの練習が必要と思われる。

OR アウトドアリサーチ ナイトヘブン(フットプリント無)

上記ドマドームテントで、約2年間
最初のうちは設営に戸惑ったが、一旦設営してしまえば、内部は非常に快適そのもの!
結露も全くと言っていいほど無く、風雨にも安定している。
しかし一人なら、この上なく快適なのだが、人間欲が(またまた(^_^;))出てくるもので、2人以上のしかも超軽量のテントが気になってきた。

数人で山行を行う場合、其々にテントを担ぐ場合よりも、人数が入れるテントを一つ担ぐと荷物を分散して、より楽にテント泊を楽しめるものだ。

しかし、調べれば調べるほど、2kg以内の物を探すとなると限界があるようだ

OR アウトドアリサーチ ナイトヘブン(フットプリント有)

検討を重ねた結果。
多少なりとも居住を犠牲にして、ポールをトレッキングポール併用のテントに至る。

そこで、候補に挙がったのが、右の「OR アウトドアリサーチ社のナイトヘブン」と言うテントだ。
シングルウォール(フライシート無)でテントと言うよりもシェルターの項目に近いかもしれない。

ナイトヘブン本体
サイズ:約222最大(W)X296最大(D)X106(H)cm
本体重量:965 g
総重量:1069g
面積:2.9平米
重量が1kgを切るところに注目
広さもメーカーでは2人用となっているが、他の製品から比べると3人でもいけそうな広さだと思われる。

価格も実売が2万円超ほどで格安ということもあり、購入に至る。


フットプリント
元々、底(フットプリント)は付属しておらず、テントとして使用するのみオプションのフットプリントを設置する。

フットプリント
重量:430g
素材:70デニール防水ナイロン

雨が降ってきた場合は、どうなるかという問題だが、フットプリントが捲れたり、ずれたりしない様に本体に止める様に工夫されており、又、フットプリント自体も非常に厚手の生地が使用されているので、その辺は大丈夫のようだ。

内部も結露対策として、前途と上部にメッシュ素材(カバー付)を使用しており、シングルウォールをいうこともあり、多少は我慢できそうだ。

後は、強風の問題が残っているが、強風の場合が予想される天気は他のテントを使用するしか無いと思われる。

当然、アルプスなどの高所の場合は、やはり「ドマドームライト」を持参することになるだろう。